街にはおおくのマッサージ店が混在しており競合ひしめくエリアは数十メートル歩くごと間サージ点ぶつかる地域があるぐらいですが、これだけ存在する中で毎月しっかり利益残してる店舗が多くて、個人で出張マッサージ業営む方でも副業収入と思えないような金額稼ぐ方もいるわけです。そしてマッサージ業は基本在庫抱えない商売であり施術自体料金メインで物販みたいに毎月多くの在庫抱える必要がなく、その分利益率はほかの業種と比較して高い傾向があります。テナントも駅から離れていたりして、マッサージ師の腕がよければ顧客あつまります。受注はいるまでゆっくりしていてもいいのです。商売であれば人件費はネックですが、マッサージは個人事業で一人でする分には費用かかりません。出張マッサージはテナント費下からないメリットあること以外に大きなメリットがあって、客層に富裕層が集まりやすいこと。金銭的に余裕ある富裕層は時間もお金で購入する方がいるのです。自分が移動する時間がもったいないと思ってる方は店舗に行くより出張マッサージを選びます。客層が富裕層になるといったことは下手なクレームが減って、料金単価も上がってチップ預けることもあったりします。そして客単価あがるのは自分の労働量を減らすことになり、事業主の労働量減ればほかの事業にも時間投資できて従業員雇うことで受注できる客数倍増するわけです。

トップページ