普段仕事疲れで定期的にマッサージ利用してるサラリーマンが増えていますが、職場、人間関係で受けるストレスをやわらげたり体の疲れほぐしてくれるマッサージは年々人気が高まっています。出張マッサージの仕事内容ですが、店舗でされるマッサージを顧客の自宅などで行うことになるのです。マッサージ師は依頼受けた顧客のところに行って施術をしていきますが、ラブホテルは派遣先として選択できないことが多くてホテル選択ならビジネスホテル等は県ができるところへ出張することに。マッサージと言ってもその種類は複数あって、リフレクソロジーなど店舗ごと特色打ち出してます。公的免許資格者はあんま・マッサージ師となり、無資格者が行うことは禁じられていますが、実際顧客はそのあたりよくわかりません。すべてをマッサージ店とくくって認識してる現状があって最近低価格化が進み、各社が価格競争なりがちでマッサージ業は参入障壁低くて競合店舗できやすく出張形態含め新たなマッサージ手法打ち出していくことが求められます。出張エリアにより料金差をつけるのかなどきめておく必要があって、出張マッサージするとき必要な備品はマット、タオル、シーツなどがあります。

トップページ